路地

お茶の世界では、余計な飾りや思いのなくなった純朴な心のことを、「白露地」という。
そのような状態になるには何かに「三昧」になり、あらゆる思いから解放されなくてはならない。
紙縒を縒る作業に没頭しながら、ふいに露地に居る気分に浸るのが私の最も幸せな時間である。


 
Copyright (C) 2002-2010 Tomoko ISHIDA. All Rights Reserved.