松老雲閑

松は老木。老境に入った人の穏やかな心境では、若いときに煩悩として嫌がったことも微笑ましい景色になる。それが松の枝の背後の雲である。雲は通常、仏性を隠す障害と見ることが多いのだが、それさえ邪魔にならなくなった心境こそ、真の成熟である。私の目指す境涯だが、本当にそんな穏やかな人間になれるだろうか…。


 
Copyright (C) 2002-2010 Tomoko ISHIDA. All Rights Reserved.